GoPro(ゴープロ)を接続ネジで様々なマウントに装着する

撮影場所を問わないGoPro

GoPro(ゴープロ)は様々な場所でアクティブに映像を撮影できるビデオカメラです。
接続ネジを使用して様々なアクセサリーにマウントすることができます。
撮影可能な場所は陸上と水中を問いません。
GoPro(ゴープロ)の水中における防水性能は水深10メートルまで耐えることができますが、ハウジングと呼ばれるカバーを使用すれば40m以上の水深にも耐えることが可能です。
一般的にはカメラを保護するためにハウジングが使用されます。

豊富なアクセサリー

撮影用のアクセサリーも様々なものがあります。
セルフィ―と呼ばれる自分自身を撮影するための棒には関節があるため、長さを調整することができます。
水中撮影を行う場合にはドーム型のレンズカバーやフロートが付いたグリップを使用すると便利です。
ドーム型のカバーは広角なGoPro(ゴープロ)の撮影可能領域を全て防水にすることができます。
水中から陸上まであらゆる場所で柔軟に撮影するために役立ちます。
水中撮影を行う場合にはフロートが付いたグリップを使用すると、水中に落下して沈むのを防止できます。
海などで撮影を行う場合にはフロート付きのグリップが必需品です。
その他にもヘッドストラップや水中マスク、リストストラップなども水中撮影に利用できます。
接続ネジを使用して様々なアクセサリーに装着すれば、撮影の幅が広がります。

ヘッドストラップは水中だけでなく、バイクのヘルメットに装着する場合にも利用できます。
一方ヘルメットなどに装着する場合には、粘着剤を使用したベースマウントも存在します。
粘着剤は強力なため、バイクで走行している際の振動や風などで落下することはありません。
またドライヤーをして暖めれば簡単に剥がすことができます。
ベースマウントに装着する場合にも接続ネジが使用されます。

目的に合わせて設定を変えて楽しむ

GoPro(ゴープロ)には様々なアクセサリーが存在し、接続ネジを使用してマウントすることが可能です。
アクセサリーの使用により様々な場所で柔軟な撮影を行うことができます。
さらに映像の解像度やフレームレート変更することが可能です。
解像度は480ピクセルから4kまで様々なものがあります。
解像度が高くなるほど撮影時間が短くなり低いほど長くなるので、撮影目的に合わせて選択することが重要です。
フレームレートは高くなるほどスローモーション動画撮影や高速で動くものを撮影するのに適しています。
一般的なビデオカメラのフレームレートは30fpsとされますが、GoPro(ゴープロ)は30fpsから240fpsまで設定可能です。