GoPro(ゴープロ)をヘルメットに付けて撮影する

迫力ある動画撮影のコツ

GoPro(ゴープロ)はアクティブな動画を撮影することができる小型のカメラです。
ヘルメットに付ければバイクの走行中の動画も綺麗に撮影できます。
一般的なビデオカメラのフレームレートは30fpsとされていますが、GoPro(ゴープロ)の場合には一般的なビデオカメラの2倍にあたる60fpsや、さらにスローモーションな撮影に適した240fpsなどに増やすことができます。
フレームレートとは動画を撮影するときに単位時間あたりの処理できるフレーム数のことです。
フレーム数とは静止画数、コマ数を意味します。
fpsという単位は1秒あたりのフレーム数のことです。
フレームレートが高いほどスローモーションな動画を撮影できるので、GoPro(ゴープロ)をヘルメットに装着してバイクで高速道路を走行するような場合に便利です。
一方1秒あたりのフレーム数が大きくなると、カメラが光を捉える時間が短くなります。
そのため若干映像が暗く映る傾向が存在します。
フレームレートを高く設定する場合には、周囲を明るい状態にする必要があります。
暗い場所で撮影する場合には、フレームレートを30fpsなど通常のレベルに設定します。
明るい場所で高速で動くものを撮影する場合には60fpsなどフレームレートを高く設定すると綺麗に動画を撮ることができます。

幅広いアクセサリー

GoPro(ゴープロ)は小型で様々なアクセサリーが存在します。
そのためユーザーの想像力に合わせて多様な動画を撮影することが可能です。
ヘルメットに装着する他にも、バイクや自転車のハンドルに装着するアクセサリーも市販されています。
また自分を撮影するための棒だけでなく、水中撮影用の防水ケースもあります。
陸上だけでなく海中などあらゆる場所で撮影できる点がGoPro(ゴープロ)の魅力です。

多様な映像が撮影できます

現在市販されている最新のタイプには防水機能も備えられており、水深60mまで耐えることができます。
防水ケースを利用すれば海中だけでなくサーフィンやスキー、スノボ、雨天におけるバイクや車での撮影など様々な場面で利用することが可能となります。
スポーツの撮影だけでなく日常生活やイベントなどの撮影にも十分役立つ機能を備えています。
またヘルメットや自分を撮影するための棒に装着するだけではありません。
犬の背中に装着するドッグハーネスも市販されており、ペットの視点で見る世界を撮影することもできます。
純正品のアクセサリーだけでなく、安価な社外品にも様々な種類があります。
ユーザーは様々なアクセサリーを駆使することで斬新な動画を撮影することが可能です。